最新の日記


7/30(金) 水上仁作詰将棋〜その2〜 ..
7/30(金) どかん3号
7/29(木) 水上仁作詰将棋〜その1〜 ..
7/29(木) どかん3号
7/29(木) 5号/普及指導員として思う..
7/28(水) 5号/子供のほめ方
7/27(火) 5号/子供の叱り方
7/26(月) 5号/(50)の解答
7/25(日) 5号/将棋の歴史
7/22(木) 5号/あさやん作・(50)
[最新の日記]
  
最新の日記


5号/子供の叱り方
三田公民館での将棋教室&大会ももうすぐ。
教室の方では私は入門クラスを担当させていただきますが、毎年来られるのが指導棋士の下野先生。中級以上のクラスの講座をされています。ほとんどお話する時間はないのですが、初めてお会いした時に指導のコツをお伺いしたことがあります。

子供の叱り方について。
下野先生流だと時々雷が落ちるんだとか。子供たちは悪いことをしている時はある程度わかっているので思い切り叱った方が良い時もあるようです。

以来私もふざけが過ぎると“雷を落とす”ことがあるのですが、慣れてくるとそのタイミングも子供たちに先を読まれてしまうようで・・。怒鳴る一瞬手前でさっと『いい子』になるものだから、こちらの顔はそのまんま。固まった表情での指導はそれなりに迫力あるかもしれません。が、叱るというのは本当に難しいものですね。

ちなみに私の怒りで最大級なのは数年に一度起こるかという“火山の噴火”なのですが(^^;、これは子供たちには用いません。

下野先生とは他にも指導についてお聞きしたことがありますが、いつも的確なアドバイスをしてくださるので感謝しています。先生がネットにあまり興味がないとおっしゃていたので書くわけではありませんが(笑)、指導棋士の先生方は奨励会を経験されていらっしゃる分、将棋に対しての考え方が真摯で大変勉強になることばかりです。

夏休み三田子供教室・大会の申し込みは今日が締め切り。
お忘れの方は
k-tamai@rainbow.plala.or.jp
玉井さんまで。
2004年7月27日(火) No.302

No. PASS
 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
[TOP]
++HOME++
016080
shiromuku(n)DIARY version 1.30